気液平衡推算

東京理科大学

大江修造

2成分系の大気圧下における気液平衡を計算します。 蒸気圧にアントワン式を活量係数にウィルソン式を用いています。 沸点の決定にはニュートン・ラプソン法を用いています。 利用の際は一番目に記載の成分の液組成をモル分率で入力します。
アセトン−クロロホルム

アセトン−水

アセトン−メタノール

2−プロパノール−水

エタノール−酢酸エチル

エタノール−水

酢酸−エタノール

ベンゼン−トルエン

メタノール−水

水−酢酸


ここに記載のない系について計算する場合は

データを倍増した 「Excelによる気液平衡データ集 第2版」

を用意してあります。


蒸留・蒸気圧・気液平衡・物性推算 化学工学で必要な物性データとプログラム

物質の沸点 主要な600物質の沸点を掲載しています

臨界点 主要600物質の臨界温度,圧力,容積

気体密度 理想気体の密度を計算

高圧気体密度 高圧気体の密度をSRK状態方程式により計算

蒸気圧の計算 主要な100物質の蒸気圧を計算

気液平衡計算1 代表的な系の計算

気液平衡計算2 一般的な系を非理想溶液として計算

マッケーブ・シール法1理想溶液の理論段数を計算

マッケーブ・シール法2非理想溶液の理論段数を計算

蒸気圧とは?

気液平衡とは?

蒸留とは?

物性推算法

蒸留工学


©Shuzo Ohe

1999-2012, All rights reserved