蒸気圧

東京理科大学 教授 工学博士

大江 修造

 蒸気圧は温度に対して,指数関数的に増加し,これを「蒸気圧曲線」で表示します。液体は分子の有するエネルギにより定まる蒸気圧を示します。蒸気圧と周囲の圧力とが等しくなると,液内に気泡が発生して沸騰します。蒸気圧を飽和蒸気圧と言う場合もあります。周囲の圧力が1気圧のときに沸騰する温度を特に標準沸点といいます。

 本サイトで主要な化学物質の任意温度における蒸気圧を計算することができます。蒸気圧の計算はAntoine式によっています.その定数は著者が独自の最小二乗法により最適な値を計算したものです.この定数は好評を博した書籍「電子計算機による蒸気圧データ」(Computer Aided Data Book of Vapor Pressure 英語版)のものです.この書籍は米国マグロ―ヒル社発行の技術専門誌Chemical Engineering誌並びに専門書Properties of Gases and Liquidsの4版,5版において有益なデータ集として紹介され,一部は米国商務省のWebBookにも掲載されています.世界で信頼を得ています.使用しているアントワン式定数は,誤差の平均絶対値はほとんどの物質で1mmHg以下であり,極めて正確です.


大江 修造著 蒸気圧データ(蒸気圧線図)

蒸気圧計算法の詳しい解説は大江 修造著  「物性推算法」


2015蒸留セミナーの案内


  本サイトは移動しました。こちらをクリックしてください。

蒸留・蒸気圧・気液平衡・物性推算 化学工学で必要な物性データなど

気液平衡計算1 代表的な系の計算

気液平衡計算2 一般的な系を非理想溶液として計算

マッケーブ・シール法1理想溶液の理論段数を計算

マッケーブ・シール法2非理想溶液の理論段数を計算


転載不可 © 大江修造 2015